シルクロード学履修試験と史料学レポート

11/19午前でシルクロード学の在宅履修試験を受けました。お題は、モンゴル高原における匈奴月氏について。紀元前3世紀から2世紀にかけてモンゴル高原に現れた騎馬遊族民に東の東胡、西の月氏、それらに挟まれて匈奴がありました。匈奴は南の中国、当時は秦の始皇帝が天下統一する前後のころに攻めに入りますが、敗北します。その中で、匈奴のリーダーに冒頓単于が現れると、東胡を滅ぼし、月氏も征服に動き、さらに中国も脅威に感じて毎年食料や絹織物を送って匈奴の機嫌を伺ったくらいでした。

はなしはまだしばらく続きますが、とりあえずこのあたりをまとめて回答用紙を郵送、60点以上で合格です。なんとか大丈夫ではと期待しつつ、シルクロード学はこれで終了です。

個人的な感想として、シルクロード学は非常に面白かったです。出てくる地名、例えば敦煌楼蘭サマルカンド、カシュガリアなどは純粋に行ってみたいと思いました。そして紀元前から繰り返される征服と滅亡。現代では考えられませんが、権利抗争に暗殺が頻繁に起こるのを知ると、歴史は繰り返され、現代それがゲーム化して人気があることもうなづけます。試験の結果は1ヶ月後です。

もう1つ、先程史料学概論のレポートを提出しました。歴史を体系的に知るための材料が史料です。思い付くのは文献史料で、文字に書かれた史料からいろいろな事実が分かります。その他にも発掘で得られるモノも史料です。ただし、例えば文献史料をそのまま信頼するのは危険です。飛鳥時代の文献を後に誰かが写して現代に伝わったとしても、間違って写された可能性があります。この様に、あらゆる史料を、その信憑性を検討する作業を史料批判とよび、この史料批判を経て史料に正確な価値を見出す学問が史料学です。レポート課題はいくつかの史料批判の例を取り上げて、史料から得られる事象をまとめるというものです。この科目は6400字を目安にまとめます。最近誤字が多いため、ゆっくり見直して提出しました。それでも見落としがあるかもしれないです。

12月には観光学と美術史概論の在宅履修試験を受ける予定です。今日提出した史料学概論もレポート合格なら1月には履修試験受けたいです。そうすると今年残るは歴史文学論のみですが、前回書いたように、これは難敵です。テキスト、参考文献読み始めましたが、なかなか頭に入ってこないです。これはあきらめて、来年度の準備に時間使った方がいいかもと思い始めています。

美術史概論のレポート返却

10月初めに提出していた美術史概論のレポートが返却になりました。日本に仏教が伝来して以降の、仏像の歴史について、各時代ごとの特徴や仏師についてまとめました。この科目は大変時間がかかりました。使用しているテキストは、美術出版社から発行されている『日本仏像史』という書籍なのですが、とにかく内容が充実しすぎているのと、文字が小さいせいか、なかなか頭に入ってこない。3回くらいは読み直したでしょうか。その他参考書籍も読んでようやく完成したレポートです。

返却された結果は・・・

ほんとに~と疑いましたが、大変ありがたい評価を頂きました。ただし、指摘にもあったのですが、一部誤字がありました。「藤原頼通」と書くべきところを「藤原頼道」と書いておりました。これって、小学生の歴史の時間でも気を付けるべき表記ですが、なぜチェックできなかったのか、情けない限りです。

これで11月にはシルクロード学の履修テスト、12月には観光学と美術史概論の履修テストを受けることができました。現在はこのテスト対策中です。

レポートは現在、史料学概論を作成中です。11月中に提出して、合格を想定して、来年早々にテストを受けたいと思います。

そこまでいけば、今年度残すは1科目、歴史文学論です。これがまた強敵で、いわゆる『源氏物語』や『平家物語』などの歴史文学を「能」を通してその世界を見てみよう、という試みです。歴史を題材とする文学にも馴染がないのに、能となると、やる前から弱気モードです。今年度予定しているのは合計38単位なのですが、この2単位だけは来年度別科目で補てんするか考えます。

社会見学旅

10月に入り、レポート終盤の美術史概論に取り組んでいます。テーマは日本の仏像について。日本に仏教が伝来して以後、飛鳥時代から多くの仏像が作られてきましたが、全てが同じ形式ではなく、時代によって、また中国の影響などもあって、何度もスタイルは変わってきました。その時代の流行とでもいいましょうか。銅製のものや塑像、つまりは粘土質なもの、もちろん木製まで、素材もいろいろです。その変遷をまとめるレポートですが、やはり有名な仏師は運慶、快慶でしょう。東大寺南大門金剛力士像は歴史の授業で聞いたことあると思います。2人の活躍は平安後期から鎌倉前期にかけてで、運慶の作は現在35体ほど確認されていますが、その内の5体が静岡県伊豆市の願成就院という寺に安置され、一般に見ることができます。こんなこともレポートに取り組んでいなければ知らない情報です。そこで、せっかくなので見に行くことにしました。

JR三島駅から伊豆箱根鉄道に乗り換て、韮山駅で下車、15分ほどの歩き旅です。


f:id:middlestudent:20221002084229j:image

f:id:middlestudent:20221002084225j:image

現在の大河ドラマ、足利氏にゆかりの寺院が多数ある場所にひっそりと願成就院はありました。

f:id:middlestudent:20221002084422j:image

もとはもっと多くの関連施設があったようですが、焼き討ちなどで現在は本堂とその周り数点の施設のみです。本堂に入るとその5体が横並びに安置されています。写真撮影禁止なのが非常に残念ですが、火事の中でも救出されて今でも拝観できることに感動です。


f:id:middlestudent:20221002084946j:image

f:id:middlestudent:20221002084943j:image

ホームページから拝借しました。

成就院のあとは少し足を伸ばし修善寺まで。


f:id:middlestudent:20221002085228j:image

f:id:middlestudent:20221002085256j:image

f:id:middlestudent:20221002085300j:image

また近郊で行けるところがあれば出向いていきたいです。

   

 
 

 

上半期の振り返り

8月末に受けた書誌学の履修テストの結果が返ってきました。

レポートの結果があまり良くなかったので、どのような採点かと思いましたが、思っていたよりは良くてホッとしました。

 

上半期を終えて・・・

文化財学講読Ⅰ、考古学概論、書誌学、民俗学は履修テスト合格(10単位)

●在宅スクーリングの歴史地理学 合格(2単位)

●平安文学論の履修テスト受験済み、10月結果返却

●在宅スクーリングの奈良文化論、文化財修復学、文化財学演習Ⅱ、10月結果返却

●観光論、シルクロード学 レポート合格⇒現在履修テスト対策中

●美術史概論 現在レポート作成中、もう少しで提出

●史料学概論、歴史文学論 これよりレポート着手

文化財学講読Ⅱ、文化財学演習Ⅰは冬のスクーリング参加予定(あればいいですが)

 

下半期は残りに取り組みつつ、卒業論文のテーマ、構成も考えていかないといけません。これまではなんとか順調に行けたかと思いますが、まだ気は緩められません。

 

上半期を終えて、通信教育をやってみて感じたこととして、一番は生の声を聞かないで取り組んでいるということです。当たり前といえば当たり前ですが、テキストを読んでレポート課題をこなして・・・ですが、もしかしたら課題の意図やポイントがずれている可能性だってあります。授業を聞いて、大事な点が理解できてからレポートを作成できればいいのですが、独自にテキスト読んでなので、書いていることが正解か?と不安になることもあります。

一方で、コロナ渦での在宅履修テストには助かっています。試験会場でのテストですと、あらかじめ設定された10問の中からの1問を、持ち込みなしで回答します。事前準備も必要ですが、難しい漢字なども何も見ないで書けるようにしておかないといけません。これが在宅ですと、準備しておいた回答を書き写すことで対応できますので、それらを頭に叩き込むことを想像したらゾッとしてしまいます。

2月、3月には冬のスクーリングがあります。まだ学校にも行ったことがりません。次のスクーリングはぜひとも実施していただきたいものです。 

履修試験返却

7月末に在宅で受けた試験が返却になりました。

民俗学は『民俗学の学問的特徴について』

文化財学講読Iは『遺構の保存科学について』

それぞれ述べよという問題でした。

事前に準備はしていたのて、試験時間になれば淡々と書いていきます。さて、結果は、

f:id:middlestudent:20220831082735j:image

前回の考古学概論同様、民俗学はイマイチ。

文化財学講読Iは少し納得の結果でした。

これで、計8単位、まだまだ先は長いです。

先週末に観光論のレポートを提出しました。

観光についての学問で、いままで馴染みのない分野です。観光の定義、ツーリズム、レジャー、レクリエーションなどの用語との関連、現状の観光産業の課題や今後の対策など、テキストに書かれている内容はさほど難しくはありませんが、考えさせられることは多かったです。例えば、1980年代ころから活発になったリゾート開発。観光産業の目玉に地方自治体が活発に取り組み、国も入っての国土開発が盛んになりましたが、観光のプロがどれだけ参入していたでしょう。

多額の金額が飛び交い、一時的に好景気だったでしょうが、バブル崩壊も相まって現在では閉鎖、倒産の施設も多いと思います。

諸外国では導入されていますが、日本にも1ヶ月くらい休みが取れる、長期休暇制度が導入されれば、日本の観光サービスの在り方なども変わったくるのだと思います。

いろいろあったこの1週間

7月下旬から8月上旬にかけて、自分の中での通信教育部の動きがいろいろありました。

 

その1

7月上旬に受験した、考古学概論の在宅修得試験の結果が返ってきました。

60点以上が合格ということで、ひとまずはよかったのですが、なんとなく「う~ん」

といった感想です。ほかの皆さんの程度が分からないので、相対的に良いのか悪いのか判断できないのですが、まずは初めての試験結果で合格、これで4単位です。

 

その2

7月下旬に2科目、同じく在宅試験を受けました。文化財学講読Ⅰと民俗学です。考古学概論の結果が分かったので、これよりは良いことを願います。

 

その3

在宅スクーリングを受講しました。普通ならスクーリングで、金土日の3日間を学校で授業を受けて履修するのですが、コロナ渦ということもあり、通常のスクーリングは今年も中止、補助教材が送られてきて、自宅で各自勉強して課題を提出するかたちとなります。8月上旬に歴史地理学の在宅スクーリングをこなしました。本来なら地図上の各場所を移動し、そこで何が起こったかを聞くのですが、それができない代わりに教材を読みます。その教材は内容豊富で、工夫されているのがよくわかります。YouTubeで先生が解説もされています。先生方もいろいろ考えておられるんですね。期日までに無事課題は提出できましたので、合格であれば2単位です。

 

今後の予定

・8月下旬、9月上旬に2科目(書誌学と平安文学論)の在宅試験を受けますので、

 今はその対策勉強中

・在宅スクーリングを同じく8月下旬に受講します。今度は3科目です。8/26ころに

 補助教材が配布され、9/12課題提出ですので、あまり日がありません。歴史地理学を

 受講した時は結構時間かかりましたので、3科目はハードな気がしていますが

 がんばります。

 

とりあえず9月上旬まではこれらに集中です。終われば美術史概論、史料学概論、観光論のレポートにとりかかる予定です。

 

平安文学論のレポート返却とシルクロード学

この3連休はシルクロード学のレポートをまとめてなんとか提出までできました。それとは入れ替わりで、平安文学論のレポートが返却されました。結果は・・・

f:id:middlestudent:20220719162221j:image

見事に撃沈、前回の書誌学と同じく厳しい評価となりました。文系分野の苦手なのが出てしまいました。誤字が2か所あったのは単なるミスで、提出前にもっと読み直さないとダメです。

あとは、平安文学の原文を引用するべきとの指摘をいただきました。確かに現代訳だけでは弱いです。原文と現代訳をセットで表記すればよかったようです。なんとか合格はいただきましたので、試験の準備に取りかかります。

シルクロード学のレポートテーマは

19世紀中頃から20世紀初めにかけての西域について です。これだけだと漠然としていて何を書けばいいのか分かりませんし、使用しているテキストもかなり前に出版されたもので私には読みにくいテキストです。そこで4冊ほど別に読んでまとめました。

西域と聞けば、敦煌楼蘭など響きのいい地名が思い浮かびますが、このころの西域では、イギリスとロシアの領土権抗争があり、これはグレイト・ゲームと呼ばれています。恥ずかしながらこの語は知りませんでした。当時インドを領有していたイギリスと、南下してくるロシアの領有権抗争が起こりました。抗争とはいっても、火花を散らせてではなく、あくまで情報戦です。そんな中、イギリスの1人の大尉が古文書を現地人から買います。調べたところこれが紀元4世紀ごろの価値ある古文書と分かりました。この西域は考古学的に歴史資料の宝庫だったのです。これをきっかけに各国が探検隊を派遣します。私的ではありますが、日本からも参加しています。こうして、領有権争いとは別のもう一つのゲームが始まるのです。

このあたりを、それなりに上手くまとめられたかと思いますが、内容は非常に面白い歴史事実です。もう少し詳しく触れてみたいと感じました。